トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

『ゆとりの空間 日比谷店』、光差し込む店内で”さばそぼろごはん”を。

日比谷シャンテにある料理家の栗原はるみさんのレストラン「ゆとりの空間 日比谷店」で観劇前のランチをしました。このビル(日比谷シャンテ)で食事をするときはまず地下に行き、マクロビの店かエスニックかを選ぶのが定番だったので、お店があるのは知っていたのですがなかなかこれず。ずっと気になっていたお店に初来店です♪


(店内の席から撮影)

さばそぼろごはんとお茶のセットを注文。

「さばそぼろごはん」
漬物やひじき、丼に乗せられるのり・ねぎ・紅ショウガ。お味噌汁もついていました。お料理を頼んだときに、ちょっとした小皿がいくつかあると嬉しいです。ちょっとした料理でも色合いがきれいだと食欲をそそりますし、楽しいですよね。

「オリジナルブレンドティー」
”三年番茶”という文字が目に入って即決。香ばしいお茶大好き♪
国産の三年番茶、黒大豆、はとむぎ、桑の葉月桃をブレンドしたお茶とのことで、香りがよくてホッとしました。

ポットにたっぷりお茶が入っているのでゆ〜ったりすごしたいところでしたが、演劇開始が迫っていたのでちょっと急ぎでの滞在でした。

光が店内に優しく入ってとても気持ちの良い空間。本を読みふけるのにもぴったりの場所。
次回はゆったりしたいと思えるカフェでした。


この後に行ったのがシアタークリエだったのですが、シャンテとシアタークリエが直結している連絡通路があるのを幕間の休憩時間に発見してびっくり。日比谷シャンテ地下2階レストランフロアとシアタークリエが繋がる連絡通路は開場中・休憩中に利用できるようですよ♪

---
「ゆとりの空間 日比谷店」
【住所】東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 2階
【電話】03-5157-0673(レストラン)
【営業時間】11:00~20:00(予約受付なし)
【HP】http://www.yutori.co.jp/shop/restaurant/hibiya.html