トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

【鑑賞記】アラジン@四季劇場「海」(2017年4月7日)

開幕から2年!初めての『アラジン』観劇へ♪


劇団四季が四季劇場「海」でアラジンを開幕したのが2015年5月。開幕後とっても人気でチケットがなかなか取れない公演と言われ、落ち着いた頃に観に行こう〜と思っていたのですが、ちょうど親戚が「観に行きたい」というので一緒に行くことに♪
あっというまに開幕から約2年経っていて。安定的にミュージカルを提供してくれる劇団四季ってすごいなあ。

劇場外もカレッタ汐留内はアラジンいろいろ

鑑賞前にはまずランチしました。
tony1.hatenablog.com

余裕を持ってきていたので、その後は散策!四季劇場がカレッタ汐留内にあるということで、カレッタ汐留内の様々なところにアラジンを感じることができました。

【アラジン映像&パネル】

【本屋さんにて、出演者のサイン入りポスター】

劇場、開場!!

楽しみ〜♪

どどーん。「電通四季劇場・海」

開場とともに入場。

ロビーの様子。カラフルでかわいい。

キャスト


ジーニー:阿久津陽一郎
アラジン:島村幸大
ジャスミン:三井莉穂

わたしが一番四季が好きだった時期は十数年前なのですが、よく知っている阿久津陽一郎さんがジーニー役ということで嬉しかった!!真面目なイメージがあったので、コミカルなジーニーをどう演じるのかが楽しみでした。

公演時間

1幕80分、休憩20分、2幕65分。
休憩を含め2時間45分の公演です。
四季のカーテンコールを合わせるとさらに15分ほどあるかな?

写真スポットはこちら♪

2階に写真をとれるパネルが置いてありました。
「TOKYO」の文字があるので、アラジンを観に来たら記念撮影はぜひここで!

グッズも豊富です。

グッズも豊富に揃っています。
(販売商品はこちらを参考に)
ファンにとってはグッズがあると嬉しいですよね♪クッキーなどの食品もあるので、東京土産として配るように買ってもよさそうです。

2階の売店のとなりに展示されていたクッキー♪

販売物ではない展示もアラビアな雰囲気が素敵。

アラジンの決断に心揺さぶられ…コミカルで楽しい舞台!

ジーニーがとてもコミカルで楽しい舞台でした!

今回見て強く印象に残ったのは、主人公のアラジンも、王女ジャスミンも、なんでも叶える力をもつ魔法使いジーニーも立場が違う3人が共通して求めていた、「自分らしく生きたい」という願い。
貧しいアラジンが王女と結構するためにジーニーの魔法の力を借りて王子になるのですが、それが「ウソ」であるという後ろめたさをもち、最終的に「正しい道を選ぼう」と完璧でない自分を受け入れる。自分の違和感を無視せずに、自分らしく、自分に正直に生きようと決意する。その、終盤の歌『自慢の息子(リプライズ)』のよかったです。


ジーニーやアラジンやジャファーの相棒がコミカルで光っていました。アニメ版だとアラジンの相棒はお猿なんですが、舞台版だと3人の友達(人間)になっていて、このトリオがそれぞれ個性的で笑わせてもらいました♪