読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

【鑑賞記】トニー賞コンサートinTOKYO@国際フォーラムホールA(2017年3月18日)

アメリカ・ニューヨークはブロードウェイで毎年行われている演劇の祭典、トニー賞授賞式。
そのトニー賞ゆかりのゲストを招いてのコンサートが東京国際フォーラムで開催されたので行ってきました。

ミュージカルで活躍する日米の4人が出演

ブロードウェイからは、
ケリー・オハラさん
 2015年に渡辺謙さんとともに出演した「王様と私」で6度目のトニー賞ノミネートでついに主演女優賞に輝いた美しい歌声の持ち主です。

マシュー・モリソンさん
 ドラマ「グリー」で日本でも一躍有名になったナイスガイの俳優さんです。ケリーオハラさんと共演した「ライトインピッツァ」で2005年トニー賞助演男優賞にノミネートされました。

日本からは、
井上芳雄さん
 「ミュージカル界のプリンス」といわれる、幅広い役柄を演じこなす。伸びやかで甘い声と、ワイルドな役柄の声とを兼ね備える。

濱田めぐみさん
劇団四季時代から力強い歌声と存在感が秀でていた俳優さん。かっこよくて、かわいくて、個人的に大好きな方です♡

以上、日米で活躍中の4名が出演です!


指揮者:竹本泰蔵
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
演出:ペイジ・プライス
演出助手:小林香
音楽監督:島健

会場は国際フォーラム

会場は有楽町の国際フォーラムでした。2017年で20周年とのことでした♪

会場のホールAは最大座席数5012席!大きな会場です。ワクワク〜。開始まで10分をきっていたので会場へ到着後早歩きで席へ行く。

パンフレットを買う

パンフレットはミニバッグ付きが3000円、パンフレットのみは2000円。幕間に買いに行きましたが、すでにランチトート付きは売り切れ、その後パンフレットも売り切れで大人気でした!

曲目一覧 set list

コンサートで楽しみなのがセットリスト…なのですが、今回はセットリストがチラシの中になく、パンフレットに書かれているかな〜とめくったら、、、無かった(T T)
セットリストなしでももちろん楽しいのですが、先にリストがあると、これを歌うんだワクワク♡と楽しみが膨らんだり、公演後はあの曲は何の曲だったんだろう?と調べたりと言った楽しみがあります。主催のWOWOWさんに教えていただきました^^

【第1幕】
・Willkommen「キャバレー」
・You've Got to Be Carefully Taught 「南太平洋」
・Some Enchanted Evening 「南太平洋」
・Wonderful Guy 「南太平洋」
・On the Street Where You Live 「マイ・フェア・レディ
・If I Loved You 「回転木馬
・Don't Rain on My Parade 「ファニー・ガール」
・Circle of Life 「ライオンキング」
・On My Own 「レ・ミゼラブル
・You're the One that I Want 「グリース」
・Sound of Music 「サウンド・オブ・ミュージック
・Singing in the Rain 「雨に唄えば
・The Last Night of the World 「ミス・サイゴン
・Stars 「レ・ミゼラブル
・Sway 「glee/グリー」
・Don't Stop Believing 「glee/グリー」

【第2幕】
Shall We Dance?王様と私
・Getting to Know You 「王様と私
・You're Nothing Without Me 「シティ・オブ・エンジェルス」
・She Loves Me 「シー・ラブズ・ミー」
・To Build a Home 「マディソン郡の橋
・Welcome to the 60's 「ヘアスプレー」
・Good Morning Baltimore 「ヘアスプレー」
・The Nicest Kids in Town 「ヘアスプレー」
・Big,Blonde and Beautiful 「ヘアスプレー」
・Without Love 「ヘアスプレー」
・You Can't Stop the Beat 「ヘアスプレー」
・Buenos Aires 「エビータ」
・A New Life-Dawn Promises- 「グレート・ギャツビー
・Say It Somehow 「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」
・Neverland 「ファインディング・ネバーランド
・Stronger 「ファインディング・ネバーランド
・When Your Feet Don't Touch the Ground 「ファインディング・ネバーランド
・I Could Have Danced All Night 「マイ・フェア・レディ

【アンコール】
・All I Ask of You 「オペラ座の怪人
Over the Rainbowオズの魔法使い
・Tonight 「ウエストサイド・ストーリー」

公演時間

18時開始、21時終了。途中幕間あり。
WOWOW主催の公演で、放送はWOWOWにて生中継されていました。
2017/4/27(木)夜8:00に再放送あるようです。
【番組情報】http://www.wowow.co.jp/detail/109944/-/02

舞台にはオーケストラ、スクリーン、そしてシャンデリア♪

会場に入ると、舞台いっぱいにオーケストラが!圧巻です。舞台中央にはスクリーンが吊るされており、公演中には生放映中の映像(?)がうつるので顔をしっかり見ることができました。舞台右手と左手には美しいシャンデリアあり。

コンサートでは特に司会者はおらず、出演者が次に歌う曲名を紹介したり小話を挟んだりで、井上芳雄さんがフル回転稼働していました笑 

生中継なのでしょうがないとは思うのですが、基本的に英語で話す時には画面に登壇者が話す内容(曲紹介、自身のエピソードや心情)の字幕が表示されるので、決められた時間内で生放映も想定して構成するとなるとしかたないことかもしれませんが、既にセリフが決まってるんだとおもうとちょっと興ざめ…同時通訳のほうがいいかも、なんて^^;(自分の英語力のなさはここでは無視) 通訳さんがいらっしゃってお話しする場面もあったので、贅沢な希望ですが!

やっぱり音楽ってよい♪

コンサートはとても素敵でした♪
今回わたしはケリー・オハラさんの歌声が聞きたい!というのが一番だったのですが、マシューモリソンさん、井上さん、濱田さんとそれぞれの歌声が聴けて幸せでした。
ケリー・オハラさんの歌声は力強く、美しく、会場全体に広がって行くような感覚でした。「王様とわたし」で共演した渡辺謙さんの応援メッセージビデオもあり、お二人の舞台を通しての築かれた絆に滬ころがあったかくなりました。
シューモリソンさんは、そのエンターテイナーぶりが素敵すぎました。マイクスタンドの使い方(確か、足で蹴って手でキャッチしてた!)、傘の使い方(シング・イン・ザ・レインで傘を軽やかに回りたり、雨に唄えば特有のポーズを決めたり!)、マイクの紐の使い方(くるくる回してた!)と、かっこいーーーーーと惚れました。アンコールでは「虹の彼方へ」をケリーさんと一緒に歌うときにウクレレ演奏も披露!
司会に歌に奮闘する井上芳雄さんの姿、大好きな濱田さんのこぶしの聴いた歌声…楽しかった^^
ミュージカル好きが大きな会場に集まってるんだなあと思うほど拍手でいっぱいの公演でした。楽しい時間でした。

来日公演、日本公演、楽しみいっぱい

今回の公演では、9月に来日公演が決まっている「ファインディングネバーランド」からも数曲、ブロードウェイでキャストを務めていたマシューモリソンさんが歌っていました。とても楽しみな演目です♪

来日公演、日本版公演など今後のチケット販売ブースありで今後の楽しみも尽きません。



ゲストのトニー賞出演パフォーマンスをどうぞ〜

ゲストのお二人の映像を最後に^^

マシュー・モリソン出演
「ファインディング・ネバーランド
youtu.be

ケリー・オハラ出演
「王様とわたし」
youtu.be