読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

【鑑賞記】初春歌舞伎公演「通し狂言 しらぬい物語」@国立劇場(2017年1月19日)

国立劇場の初春歌舞伎公演へ

お正月の歌舞伎鑑賞として、初春歌舞伎公演「通し狂言 しらぬい物語」へ。歌舞伎は毎年お正月公演を見るのが楽しみなのだ。国立劇場は50周年とあって、劇場周辺ではたくさんの50周年の幕やポスターがありお祝いモードで気分が盛りがった。

ロビーはお正月装飾でお出迎え

毎年国立劇場に来ているけれど、毎年楽しみなのは、ロビーに飾られる大きな凧。ロビーの端と端に1つずつ飾られているのだ。演目にちなんだ絵柄で毎年違うものが見られるのが楽しい。

「通し狂言 しらぬい物語」あらすじ

江戸時代初期に起きた筑前黒田家のお家騒動を主要な題材として書かれた「白縫譚」を元に作られたものがたりで、お家を滅ぼされた大友宗麟の娘・若菜姫(白縫)の復讐とそれに対峙していく菊地家との物語です。妖術を使える若菜姫は菊地家の重宝「花形の鏡」(若菜姫の妖術を破る力を持つ)を奪い菊地家を滅ぼそうとしていますが、執権たちはそれにどう対峙していくのか要注目。

- - -
実在の黒田家をモデルにした菊地家
菊地家の執権・鳥山豊後之助(とりやまぶんごのすけ)
菊五郎
vs
菊地家に滅ぼされた豊後国大友家の残党
大友宗麟の娘・若菜姫(白縫)
菊之助
- - -

若菜姫による雲の妖術、殺陣、くずれる舞台、化け猫、などなど見どころ満載の舞台だった。


キャスト

去年に引き続き、菊五郎率いるメンバーによる舞台。菊五郎劇団の新春公演は前年の時事ネタ(お笑い)要素が入ってくるのが新年の初笑いにもなってとっても楽しみ。
個人的には尾上松緑さんが好き。あの歌舞伎特有の化粧をほどこしたときのギロッと輝く眼力がたまらない。

f:id:wawa3:20170120110359j:plain:w450

みどころ

新春歌舞伎の見どころはたくさん。覚えてるところを箇条書き。
・冒頭海のシーンで、小さな金の風船をたくさんつけた棒を黒子が動かす、魚の表現が美しかった。
・若菜姫の妖術・蜘蛛の糸をまく
・時事ネタではピコ太郎ならぬ謎の参拝人登場。亀蔵さん、動きもとっても似ていた!23日の公演では本物も登場した模様。
・若菜姫が蜘蛛の妖術を操りながら客席を空中移動
・最終場面あたりの荒れ狂う海の表現
・「鳥山秋作(松緑)vs化け猫」:猫の扮装をした役者がたくさん現れそれと戦い、最後は舞台が崩れ猫の化け物の親玉が現れる。それを光る槍で対峙する!…今は亡きシンデレラ城ミステリーツアーでは参加者1名がガイドスタッフと一緒に最終ボスに光る剣を向けて倒すのですが、そのときの感動と似たものを感じた(笑)。
時蔵さん演じる乳母・秋篠:時蔵さんの女性(老婆)役は特に見入ってしまう。
・最後に主要キャストが舞台に立ち並び、それぞれセリフを述べるのが、好き。なんどなく漫画ワンピースでいう有名な効果音「ドーーン!!!」を思い出すイメージ。

手ぬぐい撒き

初春歌舞伎の楽しみといえば、出演者による手ぬぐい撒き。なんと〜新年のミュージカルでのプレゼント当選に引き続き、今度は手ぬぐいをキャッチという幸運が。嬉しいー(≧∇≦)50周年の絵柄だった。


50周年

一番最後に菊之助演じる若菜姫が「国立劇場50周年」というセリフもあり、もりあがっている国立劇場

2017年1月27日までの公演なので機会があればぜひ。
HP: http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2016/5326.html

国立劇場の初春歌舞伎の覚書

わたしの初春歌舞伎デビューは2009年。今は亡き市川團十郎さんがご病気から復活した舞台を見たのだ。そんな毎年の国立劇場公演の覚書メモ。

2009
「象引(ぞうびき)」
「十返りの松(とがえりのまつ)」
「誧競艶仲町(いきじくらべ はでななかちょう)」
2010
「旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)」
※水を大胆に使った演出があり、菊之助がふんどし姿で巨大な魚を捕まえるシーンが圧巻だった。
※時事ネタ:千手観音による「Choo Choo TRAIN
2011
「通し狂言 四天王御江戸鏑(してんのうおえどのかぶらや)」
※土蜘蛛、菊之助が蜘蛛の妖術を使う。ドーン!と屋根の上の巨大蜘蛛出現。矢を射る松緑の眼力に惚れた年(だと思う)。
※時事ネタ:子役数名によるAKB48(かわいい)

2012
「通し狂言
  三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
 奴凧廓春風(やっこだこさとのはるかぜ)」
※この年は菊五郎劇団ではなく、中村幸四郎市川染五郎中村福助の主演。「奴凧廓春風」では幸四郎が凧になって客席を飛ぶ親子3代共演の演目だった。ほほえましくてほっこりとした演目だった。

2013
西行が猫 頼豪が鼠
 夢市男達競(ゆめのいちおとこだてくらべ)」
菊五郎劇団。この年は私は未鑑賞だったかな。
※時事ネタ:スギちゃん、スカイツリー

2014
「通し狂言 三千両初春駒曳(さんぜんりょうはるのこまひき)」
菊五郎劇団。馬。
※時事ネタ:ブレイクダンスあまちゃんのテーマソング&「じぇじぇじぇ」、半沢直樹 「倍返しだ!」

2015
「通し狂言 南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」
菊五郎劇団。火遁の術。武田双雲さんによる仁義八行の書。
※時事ネタ:日本エレキテル連合「ダメよ〜、ダメダメ」

2016
「通し狂言 小春穏沖津白浪―小狐礼三―(こはるなぎおきつしらなみ こぎつねれいざ)」
菊五郎劇団。狐。
※時事ネタ:新国立競技場、びっくりぽん、マイナンバー、安心してくださいはいてますよ、五郎丸ポーズ
- - -

歌舞伎に限らず、舞台は次にまた観られる機会がいつ来るかわからない。舞台も一期一会、今年も楽しみたいな。