読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

【鑑賞記】ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017@東急シアターオーブ(2017年1月7日)

年初を盛り上げるコンサート

ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017」を鑑賞してきました。年明けゴロゴロな日々だったのですが、「ミュージカル、音楽、歌ってやっぱり私を元気にしてくれるもの、大好きだ〜」という気持ちでシャキッと元気になりました。ヒカリエ11階のシアターオーブに続く廊下のライトがきれい。

公演概要

海外で活躍されているミュージカル俳優を招いて生演奏とともにミュージカルの名曲を楽しめるコンサートです。”ワールドミュージカルコンサートシリーズ”として東急シアターオーブで2014年10月から始まったコンサートの第4弾。”フレンチミュージカル”や”シネマ”というように毎回テーマがもうけられるコンサートで、ニューイヤーコンサートは去年に引き続き2回目♪毎回とってもシンプルな舞台なのにとても心が満たされる素敵な公演です。

キャスト・スタッフ

おなじみのメンバー3名と新しいメンバー3名でした。
【出演キャスト】
・ロベール・マリアン
・マット・ローラン
・ハワード・マクギリン
・ティール・ウィックス
・ジーナ・クレア・メイソン
・アダム・カプラン
【MC】溝渕俊介
【指揮】田邉賀一
【構成・演出】寺崎秀臣
【音楽監督】八幡茂
【舞台美術】土屋茂昭
【音響デザイン】山本祐介
【照明デザイン】磯川敬徳
【舞台監督】黒澤一臣、市川太也

キャストによる新春メッセージ♪

ロビーには去年と同じく、キャストからの手書きの新春メッセージが飾ってありました。ニューイヤーの特別な感じでウキウキ。

公演時間 time table

第1部:65分
休憩 :20分
第2部:65分

曲目 set list

※カッコは作品名
第1部はミュージカルの名曲、第2部はこれからシアターオーブで公演される作品と来日キャストならではの十八番の曲がそれぞれ披露される構成に感じました。
【ACT1】
1.アナザー・オープニン・アナザー・ショー(キスミーケイト)
2.シーズンズ・オブ・ラブ(レント)
3.魅惑の宵(南太平洋)
4.雨に唄えば雨に唄えば
5.虹の彼方に(オズの魔法使い
6.オール・アイ・アスク・オブ・ユー(オペラ座の怪人
7.踊り明かそう(マイ・フェア・レディ
8.ラック・ビー・ア・レディ(ガイズ&ドールズ)
9.サウンド・オブ・ミュージックサウンド・オブ・ミュージック
10.ジプシーの踊り(カルメンジョーンズ)
11.シャル・ウィ・ダンス(王様と私
12.神よ何故?(ミス・サイゴン
12.アイ・アム・ザ・スターライト(スターライト・エクスプレス)
13.アイ・ガット・リズム(クレイジー・フォー・ユー

【ACT2】
1.トゥナイト(ウエスト・サイド・ストーリー)
2.アメリカ(ウエスト・サイド・ストーリー)
3.サムウェア(ウエスト・サイド・ストーリー)
4.スプレッド・ザ・ラヴ・アラウンド(天使にラブソングを
5.ソウル・オブ・ア・マン(キンキー・ブーツ)
6.ヴァルジャンの独白(レ・ミゼラブル
7.ポピュラー(ウィキッド
8.でファイニング・グラヴィティ(ウィキッド
9.踊って、僕のエスメラルダ(ノートルダム・ド・パリ
10.ミュージック・オブ・ザ・ナイト(オペラ座の怪人
11.フォー・グッド(ウィキッド
12.ワン・デイ・モア(レ・ミゼラブル

【アンコール】
・すべての山に登れ(サウンド・オブ・ミュージック
・ショーほど素敵な商売はない(アニーよ銃をとれ)

幸せいっぱいに♪

去年のニューイヤー公演と同じ曲もたくさんありましたが、何度聞いてもすばらしい曲をすばらしい歌声(&演奏、美術)で聞くのはすばらしい感動を引き起こします。ミュージカルが好きなだけにさらに感動はさらに大きく。
去年も「シャル・ウィ・ダンス」をしたのですが、即興のダンスなのかしら?と思うほどちょっと狭くて踊りにくそうな感じでしたが、今年は踊るスペースもあり楽しそうにキャストが踊っていました♪そんな去年との違いをみつけるのも楽しい!
毎回おなじみ方々だからこその積もる感動、新キャストが引き出すまた違った感動と、毎回新しい感情が自分の中から生まれ。その時1度きり、その時のキャスト・スタッフ・観客で作り上げる雰囲気があり、だから生の舞台に惹きつけられるのだろうなあ。

コンサートシリーズも4回目となり、毎回違うシャンデリアが天井からつられています。今回は6つほどのシャンデリアと、シャンデリアの形に切り抜かれた黒いものがいくつか下がっていました。本物のシャンデリアは歌によって様々に光ります。
シャンデリアがキーになるオペラ座の怪人の怪人役として1000回以上出演されてきたミスター怪人ことハワードマクギリンさんの「ミュージックオブザナイト」は格別でした。のびやかな歌声を持つハワードさんに夢中でした(笑)なぜこんなに彼に夢中になったかといえば、女性へのさりげないエスコートダントツで惚れてしまったのでした♡(アメリカ的なのかしら?)

コンサート初登場のキャストさんについてあまり詳しくはなかったのですが、ティール・ウィックスさんの大人の魅力、艶感のある美しさに惹きつけられました。
ジーナ・クレア・メイソン&アダム・カプランさんは同級生でとても仲良しそうなのが伝わってきましたが、今回が初共演だったそうです。初々しい感じのキャラクターの歌担当(?)で、若いパワーを感じました。
ティールさん&ジーナさんはそれぞれウィキッドのエルファバ役とグリンダ役をしていて、今回の曲でそれらの役としては初共演という貴重な機会でした。その曲が始まるや否や、目が潤んでいて、俳優さんってその役に入り込んでしまうんだなあ、すごいなあとしみじみ思いました。
最後のワンデイモアが終わった後に一度幕がおりると、入場時に配られたサイリウムを観客がさっと持ち出し、キャストは歌を、観客は光るサイリウムを振り「すべての山に登れ」の共演(?)でした。シアターオーブさんのサプライズ企画だったようで、この日は初日でほんとうのサプライズ!前方席で見ていたので、後ろがどんな風になっていたか見ていませんが、キャストさんの驚きの顔、泣いてしまうキャストさんもいて、すてきな光景だったんだろうなあと想像♪
最後の最後ではキャストさん1人につき2つずつの手ぬぐい撒きあり♪新春福撒きで締めでございました〜。

あ、あ、あ、あ、当たった…!

去年のコンサートと同様に、今年も新春プレゼントありの公演でした。座席番号で11人にあたるのですが、、、、当たりました!!新年に抽選イベントは多数あれど、よく行く&大好きなシアターオーブの公演で当たるというのが、わたしにとってすごく嬉しいことでした(T T)!出演者のサインつきグッズとヒカリエのレストランでのお食事券とがあるようで、わたしはお食事券でした♡ありがとうございます(≧▽≦)胸がドキドキして、意味もなく階段を上がったり外をみたり、ロビーをうろうろしたりと、歩き回っていました(´∀`)

徘徊中、コンサートオリジナルカクテルがあるのも発見♡


すてきなお正月コンサートでした!

こちらのシリーズの観劇記録も、よければどうぞ^^
tony1.hatenablog.com
tony1.hatenablog.com
tony1.hatenablog.com