読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

白雪姫に学ぶ!辛い気持ちからの回復方法

すごく落ち込んで辛いときに、どうしているだろう?
よく上を向けば辛い思考には陥らないとか、 ポジティブなことを考える、とかあると思う。

でも、私の経験だと、それだと辛い気持ちに蓋をしてみないふりをしていること。 蓋をした先にある辛い感情は、残ったままで苦しくなってしまう!

そんなときにどうしたらいいだろう? ふと、映画・白雪姫を見ていたら、自然に落ち込みを回復するヒントになる場面を発見しました♡


白雪姫のワンシーン

お妃に白雪姫を殺すよう言われた狩人から殺されそうになったあげく暗い森を逃げていく白雪姫。 森の中で泣きじゃくっていると、近くに寄ってくる動物たち。 驚いて声を上げた白雪姫から逃げようとした動物たちに、彼女は話しかける。

How do you think things go wrong? つらいときはどうすればいいと思う?

その問いかけに対し、ハミングする鳥。 彼女が返す言葉が、

wow, you sing a song!
そうなの、歌うのね!

そして森の中に美しい白雪姫の声が響き渡る。
youtu.be


小さな頃みたのと違って大人になって結構たってからもう一度みると、結構な展開にも思えますが…! 言いたいのは、確かに歌って楽しく元気になっているのですが、その前に思いっきり感情を外に表現していること、もとい、怖がって悲しんでいること!

このように思いっきり泣くっていうのもいいですし、何か(ティッシュや紙など)をぐしゃぐしゃぐちゃっとして燃やしたり(火事には注意!!)、紙に悲しみや怒りを描き殴ったりなど表現はなんでもいいから、感情を外に出してあげること。 自分からでてきた感情にOKを出してあげること。

無理矢理ポジティブになってもつらい気持ちに嘘をつくことになるので、自分に正直に、思いっきり落ち込こむ自分を肯定してあげて、そのあと元気になれるようなこと・自分がしたいことをするといいよね、というお話でした。 ちょっとこじつけかもしれませんが^^;、「あ、これだ!」と思ったので書いてみました♡

さすがディズニーで、メロディが美しくついつい口ずさみたくなる曲だなあ。白雪姫は1937年制作作品!名作って本当に色あせずにいつまでも続いていくんだなあ。

白雪姫は古典名作ですが、ディズニーは現代でもアニメ(CG)名作を生み出していますね。ディズニー最新作「モアナと伝説の海」は2017年3月10日公開だそうですよ。楽曲は去年のトニー賞の1番の話題だったハミルトンのリン=マヌエル・ミランダさんが担当しています。いくつか曲が公開されていてワクワクしてきます。映画は去年はズートピアとファインディングドリーの2つをみてどちらもディズニーなのでした。2017年は「モアナ」と「ララランド」というものが見たいと思っている。なんだかんだでどちらもミュージカル映画