読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トニーに憧れて

トニー賞授賞式・ミュージカルが好き。名曲や名台詞で英語勉強&観劇記ブログです。

『石堀小路 豆ちゃ 新宿』、バルト9での映画後にカジュアル和御膳を♪

新宿マルイアネックスのバルト9で映画を観た後は、エレベーターを降りて8階のレストランフロアへ。このフロアにはパスタ、ドリア、お寿司、ラーメン、中華、和定食とあります。ちょっと前までは、ロシア料理の「マトリョーシカ」が好きなお店で定番のお店だったのですが、閉店してしまい(>_<。。。)

そんなきっかけで初めて『石堀小路 豆ちゃ』に入ったのですが、小鉢が豊富な和定食がいただけるお店でした!内装もシンプルで、窓があるので店内に光が入ってくるものあり、居心地がよい雰囲気です♪

この日は「鶏のスパイシー唐揚げ御膳」を♪

御膳は、ごはん・味噌汁・メイン料理・お新香、明太子、あんかけ豆腐、小鉢(きんぴら)がセットでした。ワンプレートではなく、それぞれお皿が分かれています。いろいろ食べられる感じが楽しく、なんだか手間がかかってる感じがして嬉しい。
ご飯と味噌汁はお代わり自由でした。


こちらはマルイのビルなのでエポスカードで特典のつくお店がいろいろあり、このレストランでもサービスが♪カード提示でお抹茶とミニスイーツをいただきました。わーい。和を感じてほっと一息、落ち着く時間。

映画半券でのサービスもあるので、映画鑑賞前後でのお食事の時はチェックしてみてください♪

お茶好きとしては、ゴボウ茶やほうじ茶、玄米茶などお茶の種類も豊富で気になりました♪

* * *
『石堀小路 豆ちゃ 新宿(いしべこうじまめちゃしんじゅく)』
【HP】(ぐるなび)https://r.gnavi.co.jp/a827415/
【住所】東京都新宿区新宿3-1-26 新宿マルイアネックス 8F
【電話】03-5312-4755
【営業】
月〜土:11:00~23:00(L.O.22:00)
日・祝日:11:00~22:30(L.O.21:30)

バルト9での上映待ち時間、『カフェ・オアゼ』でまったり。

映画といえば、私の定番映画館は新宿マルイアネックスにある「バルト9」です。

ここで映画を観る前後は8階のレストランフロアでご飯することが多いのですが、この日は朝11時開始の映画をみにきており、お昼にはまだ早いしそもそもレストランフロアは11時オープンなので開いておらず。
映画を見る前の30分、映画館の近くで座ってぼ〜っとしたかったので、ビル10階の『カフェ・オアゾ』へ。…各上映階にもいくつかソファが置いてあってぼ〜っと待てるんですが、ここのカフェ、いつもエスカレーターで横目で通り過ぎていたので行ってみたかったんです♪ちなみに、こちらのカフェで購入したものは映画館にも持ち込み可能です。


この日カフェ・オアゼの内装や机は、「ソードアート・オンライン」という映画仕様でした。

カフェからは9階のロビーが見えます。チケット売り場の上にはステージがあり、ここでイベントをしたりするみたい。全体が見渡せるのはなんとなく気持ちが上がります。

定員さんが1人で注文をとったりメニューをつくったりと忙しそうで、人が並んでいる時には来るまでにちょっと時間がかかるので、時間の余裕があるときや、映画を観終わった人、コラボカフェが好きな人によい場所だと思いました。

ちなみに、コラボカフェ好きな人であれば、このカフェの入っている「新宿マルイアネックス」には6階に『アニメイトカフェショップ』、1Fに『シナモロールカフェ』があります。どちらも11時オープンです。アニメ・キャラクターの世界に浸りたい人はぜひ〜。


* * *
『CAFE OASE (カフェ・オアゼ)』
【住所】東京都新宿区新宿3丁目1-26 新宿三丁目イーストビル 10階(マルイアネックスのビル)
【OPEN】8:00-23:00(金・土・祝日前日は26時まで)
【HP】http://wald9.com/cafe_oase/

『ララランド』と駆け巡る空想

新宿バルト9にて『ララランド』をみました。
映画を観ながら、また、観た後にステップを踏みたくなるような、音楽の余韻が残る映画でとてもおもしろかったです。夢を追いかけている時代の主人公の服や取り巻く環境で使われている色が鮮やかで美しくすてきでした。

事前にあらすじなどは見ずに観に行ったのですが、snsで「そこまでミュージカルミュージカルしてない」という誰かの投稿は見ていて、どんなミュージカル映画なのかワクワクでしたが、わたしが観た感じだと、かなりミュージカル!な映画でした。最初からハイウェイでノリノリで歌って踊って。デートでも歌って踊ってタップを踏んで空を飛んで。現実と想像が駆け巡っていて。季節や時間経過を説明するための文字に、ミュージカルっぽさを感じて、空白の期間に想像が膨らみます。なんにせよ映画を見たあとにタップを踏みたくなってしまうところは王道ミュージカルなんじゃないかしらと思いました!




<以下映画の内容に触れての、感想や思ったこと>



ロサンゼルスで女優を目指すミアとジャズの店を持ちたいセブが恋に落ちデートを重ねるシーンは、出会ったばかりのトキメキ、ドキドキ感、ミアのキラキラでルンルンの笑顔がとてもかわいかった!

お互いが夢を持ち、応援しながら夢を追うミアとセブでしたが、セブが自分の理想よりもお金になる仕事を選んでからのすれ違い。ミアの誕生日にサプライズで家で食事をしている時の喧嘩で、「優越感を保つために僕と付き合った」というようなセリフがあり、自分はうまくいっていない、自分は不遇であると自分で思っているから出てくるセリフなんだろうなあと。これがわたしにはすごく切なく。ミアも自分がうまくいっていないと思うところがあって不安なときに、それを聞いたミアは”自分が相手を下にみている、と思われている”と思ってすごくショックだろうし、相手を見る目がかわっただろうな…と。


そんな見方をしていたからか、5年後のラストシーン。お互い5年前に描いた夢を掴んでいるけれど、お互いは別の人生を歩んでいることが自然に感じました。(わたしがなんでも受け入れるタイプだからかもですが( ̄▽ ̄))
ただ、二人がどんな別れ方をしたかを想像すると、切ない。セブが自分の店に行く時にミアのポスターの横を通り過ぎるシーンがあるので、ミアの歩んでいる道は知っていたけど、逆にミアはセブの5年後を知らなかった。お店のマークはミアが作ったマーク。ミアの有名女優への階段を上っていく中のどこかで起きた別れを想像すると、セブはミアに未練があったのかな、と切ない気持ち。
お店の中でのミアの驚きにも、別れた時にはまだ店を持つという想像も出来てなかったんだろうなあ、なんて。だけど、お互いの「今」をみれば、お互いがあの時の夢を掴んでいる。もしこの人とだったら?と想像してしまうけど、その時その時に必要な選択をそれぞれがしていて、今がある。
なので、最後セブが口元を和らげた表情をみてミアも笑顔になるシーンが、切なくもすごくホッとした、心が揺れ動いたシーンでした。いろいろあったけどいまこうしているよ、とセブがミアに伝えることができたようで、5年越しのわだかまりがとけたように感じて、よかった。ハッピーエンドに感じました。
素敵なラストでした。


「もしあのとき違う選択をしていたら?」
主人公たちが実際に選択してきたであろうたくさんのことや、もしこうだったら?と想像力をかきたてられて、見る側もちゃっかりララランドにいってしまう映画。いろんな選択があるから人生は彩り豊かなんだ。と思う映画でした。


(主人公ミア&セブの劇中衣装。映画をみたのは新宿でしたが、これは公開間もない頃六本木の映画館に行ったときに飾ってありました♪)

海外の気になる舞台を日本で観るにはどんな方法がある?

トニー賞授賞式が好きなので、海外の公演も観てみたい。そんな時に知ったのが英国国立劇場での公演を映像(映画館)で見られる「ナショナルシアターライブ」で、去年記事にも書きました。
tony1.hatenablog.com

先日、初めてナショナルシアターライブを映画館で見る機会を得たのですが、ナショナルシアターライブ以外でも日本で海外公演を字幕ありの映像で見られる機会がいろいろあるのを知りましたのでご紹介します♪

海外公演を映画館でみる!

『ブラナー・シアター・ライブ』
俳優・監督のケネス・ブラナーが率いるカンパニーがロンドン・ギャリック劇場で上演された3作品(「冬物語」「ロミオとジュリエット」「エンターテイナー」)を上映。
【HP(日本)】https://www.btlive.jp/
【HP(英国)http://www.branaghtheatrelive.com/

『ナショナル・シアター・ライブ』
演劇界最高峰のナショナルシアターでの話題の公演を上映。
【HP(日本)】http://www.ntlive.jp/
【HP(英国)】http://ntlive.nationaltheatre.org.uk/
英国HPでは日本含む全国での公演情報も書かれてます♪

『METライブビューイング』
ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)で上演されるオペラを映画館で上映。
【HP(日本)】http://www.shochiku.co.jp/met/

『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン』
ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスで上演されるオペラ・バレエを映画館で上映。
【HP(日本)】http://tohotowa.co.jp/roh/

海外公演をテレビやPCで観る!

NHK プレミアムステージ』
日曜日の深夜、国内外の超一流の舞台を。演劇、ミュージカル、古典芸能など。
BSプレミアム 原則第1月曜 午前0時(日曜深夜)〜
【HP】http://www4.nhk.or.jp/p-stage/

NHK プレミアムシアター』
バレエ、オペラ、オーケストラなど舞台芸術から選りすぐりの公演を放映する4時間の大型定時番組。
BSプレミアム 毎週月曜 午前0時(日曜深夜) (第1週以外)〜
【HP】http://www4.nhk.or.jp/premium/

WOWOW
トニー賞授賞式は数年前にNHK放映からWOWOW放映になりました。2017年に日本でトニー賞公認のコンサートも主催し、ミュージカル俳優福井雄一さんと井上芳雄さんの番組も2017年4月から始まるWOWOW。今後ミュージカルが盛り上がりそう!?注目です。
【HP】http://www.wowow.co.jp/

字幕不要なら!

『BroadwayHD』
2015年から始まったアメリカでブロードウェイ作品のオンデマンド配信サービスです。PC、スマホ、アップルTVで視聴できます。わたしはまだ未体験ですが、観たことある作品の写真がたくさん♪
月額14.99ドル、1作品1視聴のレンタルだと7.99ドル。英語でのやりとりはネックですが、とにかく話題の演劇・ミュージカルを映像でみたいときに気になるサービスです♪
【HP】https://www.broadwayhd.com/

日本の演劇・公演だと…

『ゲキ×シネ』
「演劇×シネマ」劇団新感線の作品を映画館で上映。
【HP】http://www.geki-cine.jp/

『ライブビューイングジャパン』
日本でのコンサートやイベントを映画館で。
【HP】http://liveviewing.jp/

気軽に楽しめるのは、嬉しい♪

以上、いかがでしたでしょうか。

来日公演に行ったり、海外の現地の劇場で鑑賞するのは一番の楽しみだとは思いますが、演劇・ミュージカルを気軽に観られる様々な機会があるということは自分も含めてより多くの人に親しみやすくなること。いろんな方法で演劇・ミュージカルを身近に感じられるのは嬉しいです( ´▽`)

他にもこんな楽しみ方があるよというものがあれば教えてくださいませ♪

【鑑賞記】トニー賞コンサートinTOKYO@国際フォーラムホールA(2017年3月18日)

アメリカ・ニューヨークはブロードウェイで毎年行われている演劇の祭典、トニー賞授賞式。
そのトニー賞ゆかりのゲストを招いてのコンサートが東京国際フォーラムで開催されたので行ってきました。

ミュージカルで活躍する日米の4人が出演

ブロードウェイからは、
ケリー・オハラさん
 2015年に渡辺謙さんとともに出演した「王様と私」で6度目のトニー賞ノミネートでついに主演女優賞に輝いた美しい歌声の持ち主です。

マシュー・モリソンさん
 ドラマ「グリー」で日本でも一躍有名になったナイスガイの俳優さんです。ケリーオハラさんと共演した「ライトインピッツァ」で2005年トニー賞助演男優賞にノミネートされました。

日本からは、
井上芳雄さん
 「ミュージカル界のプリンス」といわれる、幅広い役柄を演じこなす。伸びやかで甘い声と、ワイルドな役柄の声とを兼ね備える。

濱田めぐみさん
劇団四季時代から力強い歌声と存在感が秀でていた俳優さん。かっこよくて、かわいくて、個人的に大好きな方です♡

以上、日米で活躍中の4名が出演です!


指揮者:竹本泰蔵
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
演出:ペイジ・プライス
演出助手:小林香
音楽監督:島健

会場は国際フォーラム

会場は有楽町の国際フォーラムでした。2017年で20周年とのことでした♪

会場のホールAは最大座席数5012席!大きな会場です。ワクワク〜。開始まで10分をきっていたので会場へ到着後早歩きで席へ行く。

パンフレットを買う

パンフレットはミニバッグ付きが3000円、パンフレットのみは2000円。幕間に買いに行きましたが、すでにランチトート付きは売り切れ、その後パンフレットも売り切れで大人気でした!

曲目一覧 set list

コンサートで楽しみなのがセットリスト…なのですが、今回はセットリストがチラシの中になく、パンフレットに書かれているかな〜とめくったら、、、無かった(T T)
セットリストなしでももちろん楽しいのですが、先にリストがあると、これを歌うんだワクワク♡と楽しみが膨らんだり、公演後はあの曲は何の曲だったんだろう?と調べたりと言った楽しみがあります。主催のWOWOWさんに教えていただきました^^

【第1幕】
・Willkommen「キャバレー」
・You've Got to Be Carefully Taught 「南太平洋」
・Some Enchanted Evening 「南太平洋」
・Wonderful Guy 「南太平洋」
・On the Street Where You Live 「マイ・フェア・レディ
・If I Loved You 「回転木馬
・Don't Rain on My Parade 「ファニー・ガール」
・Circle of Life 「ライオンキング」
・On My Own 「レ・ミゼラブル
・You're the One that I Want 「グリース」
・Sound of Music 「サウンド・オブ・ミュージック
・Singing in the Rain 「雨に唄えば
・The Last Night of the World 「ミス・サイゴン
・Stars 「レ・ミゼラブル
・Sway 「glee/グリー」
・Don't Stop Believing 「glee/グリー」

【第2幕】
Shall We Dance?王様と私
・Getting to Know You 「王様と私
・You're Nothing Without Me 「シティ・オブ・エンジェルス」
・She Loves Me 「シー・ラブズ・ミー」
・To Build a Home 「マディソン郡の橋
・Welcome to the 60's 「ヘアスプレー」
・Good Morning Baltimore 「ヘアスプレー」
・The Nicest Kids in Town 「ヘアスプレー」
・Big,Blonde and Beautiful 「ヘアスプレー」
・Without Love 「ヘアスプレー」
・You Can't Stop the Beat 「ヘアスプレー」
・Buenos Aires 「エビータ」
・A New Life-Dawn Promises- 「グレート・ギャツビー
・Say It Somehow 「ライト・イン・ザ・ピアッツァ」
・Neverland 「ファインディング・ネバーランド
・Stronger 「ファインディング・ネバーランド
・When Your Feet Don't Touch the Ground 「ファインディング・ネバーランド
・I Could Have Danced All Night 「マイ・フェア・レディ

【アンコール】
・All I Ask of You 「オペラ座の怪人
Over the Rainbowオズの魔法使い
・Tonight 「ウエストサイド・ストーリー」

公演時間

18時開始、21時終了。途中幕間あり。
WOWOW主催の公演で、放送はWOWOWにて生中継されていました。
2017/4/27(木)夜8:00に再放送あるようです。
【番組情報】http://www.wowow.co.jp/detail/109944/-/02

舞台にはオーケストラ、スクリーン、そしてシャンデリア♪

会場に入ると、舞台いっぱいにオーケストラが!圧巻です。舞台中央にはスクリーンが吊るされており、公演中には生放映中の映像(?)がうつるので顔をしっかり見ることができました。舞台右手と左手には美しいシャンデリアあり。

コンサートでは特に司会者はおらず、出演者が次に歌う曲名を紹介したり小話を挟んだりで、井上芳雄さんがフル回転稼働していました笑 

生中継なのでしょうがないとは思うのですが、基本的に英語で話す時には画面に登壇者が話す内容(曲紹介、自身のエピソードや心情)の字幕が表示されるので、決められた時間内で生放映も想定して構成するとなるとしかたないことかもしれませんが、既にセリフが決まってるんだとおもうとちょっと興ざめ…同時通訳のほうがいいかも、なんて^^;(自分の英語力のなさはここでは無視) 通訳さんがいらっしゃってお話しする場面もあったので、贅沢な希望ですが!

やっぱり音楽ってよい♪

コンサートはとても素敵でした♪
今回わたしはケリー・オハラさんの歌声が聞きたい!というのが一番だったのですが、マシューモリソンさん、井上さん、濱田さんとそれぞれの歌声が聴けて幸せでした。
ケリー・オハラさんの歌声は力強く、美しく、会場全体に広がって行くような感覚でした。「王様とわたし」で共演した渡辺謙さんの応援メッセージビデオもあり、お二人の舞台を通しての築かれた絆に滬ころがあったかくなりました。
シューモリソンさんは、そのエンターテイナーぶりが素敵すぎました。マイクスタンドの使い方(確か、足で蹴って手でキャッチしてた!)、傘の使い方(シング・イン・ザ・レインで傘を軽やかに回りたり、雨に唄えば特有のポーズを決めたり!)、マイクの紐の使い方(くるくる回してた!)と、かっこいーーーーーと惚れました。アンコールでは「虹の彼方へ」をケリーさんと一緒に歌うときにウクレレ演奏も披露!
司会に歌に奮闘する井上芳雄さんの姿、大好きな濱田さんのこぶしの聴いた歌声…楽しかった^^
ミュージカル好きが大きな会場に集まってるんだなあと思うほど拍手でいっぱいの公演でした。楽しい時間でした。

来日公演、日本公演、楽しみいっぱい

今回の公演では、9月に来日公演が決まっている「ファインディングネバーランド」からも数曲、ブロードウェイでキャストを務めていたマシューモリソンさんが歌っていました。とても楽しみな演目です♪

来日公演、日本版公演など今後のチケット販売ブースありで今後の楽しみも尽きません。



ゲストのトニー賞出演パフォーマンスをどうぞ〜

ゲストのお二人の映像を最後に^^

マシュー・モリソン出演
「ファインディング・ネバーランド
youtu.be

ケリー・オハラ出演
「王様とわたし」
youtu.be